Category Archives: 水沢地区の歴史

30日朝のもみじ谷

DSC_3744 DSC_3750DSCN0811.JPG
谷の下まで色づき、朝から散策や写真撮影の方がお越しいただいていました。
今夜から雨模様。今日が絶好の機会かもしれませんね。

てつぼ休み??

てつぼ休みって知ってますか?

水沢野田町の「てつぼ休み」は
一番茶などの最も忙しい農作業が一段落したら
氏神様に今年の豊作を祈念し、農作業の労をねぎらう日です。
結果として、仕事をせず朝から御神酒をいただく
とっても贅沢な日ですが!(^^)!
 

一番茶が一段落して、一息ついた時期の日曜日に実施しています。
  

仕事も遊びもとっても慌ただしいこの頃に
神社の拝殿に上がって御神酒をいただきながら
農業のこと、地域のこと、ご近所のこと、自分のこと等
あれこれ情報交換をしながらゆったりとした時間を楽しめる
素敵な習慣だなと思っています。

さて、みなさんの地区ではどうしてますか?

新茶祭りが開催されました。

DSC_1313 DSC_1330 DSC_1362 DSC_1389 4月29日水沢町で新茶祭りが開催されました。
神社では今年とれた新茶が献茶され、神事が行われました。
水沢小学校の生徒による舞姫も奉納され、クイーン四日市の写真撮影会なども行われました。
例年開催ている、どろんこ祭りは中止となりました。

午後からは茶農協で初市が開催され、水沢の一番茶が始まりました。

 

郷土が誇る芸能大会


DSC_0808四日市市主催の郷土が誇る芸能大会。
水沢町からは、水沢野田町の「太鼓踊り」が出演しました。
水沢野田町にある愛宕神社での祭りなどは夜に奉納されるため、舞台も暗い中に満月が演出されており幻想的でした。
会場の歓声も大きく、「すごかった・・・よかった」などの感想を言ってる声が聞こえてきました。
25郷土芸能70水沢町にはいくつも「郷土が誇る芸能」があることが誇らしいです。

出演した団体には賞がもらえます。
水沢野田太鼓踊り保存会は「大地の恵み」賞をいただきました。

 

水沢野田太鼓踊り保存会

kyoudo_ページ_1kyoudo_ページ_2平成26年1月18日(土)に四日市市文化会館にて「第3回 郷土が誇る芸能大会」が行われます。
水沢地区からは「水沢野田太鼓踊り保存会」が出演します。

出演に向け、公会所では毎晩練習をされているそうです。
写真は、花笠を新調しているところです。

作り方など伝承されていくということはとても大切なことですよね。
着物も女性陣が作成されたそうです。
この作業、朝から夕方までだったそうで、お昼には炊き出しをしておにぎりの準備。
これこそ地域交流です。
DSCN0180

DSCN0201(写真は小粥自治会長より)
DSCN0209DSCN0211

11月14日のもみじ谷の様子

晴れの日のもみじ谷。
旅行会社やテレビ局など紅葉の見ごろの問い合わせが連日たくさんあります。
聞かれても・・・自然相手にはね~
何とかこまめに写真を掲載したいと思ってます。DSC_0687DSC_0685

 

 

 

 

 

 

いつも、近くにお住まいの、鎌田由佳子さんに送っていただいてます。ありがとうございます。

 

 


水沢地区では通称「ゴリラ山」
ホームページのアドレスにもなっています。

みなさんはどのように見えるでしょうか?DSC_0665

 

 

 

 

 

 

水沢野田町 愛宕神社でお祭

水沢野田町の愛宕神社で奉納される太鼓踊り。
10月13日に行われました。
足見田神社のお諏訪おどりとは少し違いますが、花笠をつけて太鼓をはげしく振ってこじるのはよく似ています。
足見田神社の神主さんがいらっしゃいました。
宿で踊り、御幣送りをするということは本格的だと言ってみえました。
たくさんの歌い手と一緒に子どもも参加し、伝統を受け継いでいく姿に感動しました。

今夜は役の方たちが一晩中こもって火の番をするそうです。

DSC_0509

花祭り

水沢町の一乗寺で毎年行われる「花祭り」
今年もお天気に恵まれ、こどもたちが楽しみました。
DSCF0650

落ち葉のもみじ谷もいいですよ

谷の方は、あまり紅葉はしないのですが、下から見ると3色が、ステンドグラスのようにとてもきれいなグラデーションをかもし出しています。
落ち葉のじゅうたんとはよく言ったもので、これもまたいい感じを出しています。
昨年までは、もみじ祭が終わった頃から紅葉が始まるのですが、今年はいつもより早く、もう散り始めています。
予想は自然には勝てませんね。

 

道標、里程標を知ってますか?

水沢地区市民センターに、四日市市の郷土や歴史について調べてみえる方が、入ってみえました。
四日市市の道標、里程標などを探しているとのこと。
お話を伺っていると、通る道に何気なく見たことがあるものでした。
昔の道の分岐点にあり、石に地名等が刻ざんであるものです。
残念ながら、車か何かでぶつかったものが、そのままになって横になっているものも
あるそうです。
先人たちが、歩いた道。
畑道で舗装されていない分かれ道にひょこっとあり、気にしだすと面白いですよ。

大変な思いをされ、時には不審者???のようにも思われ、苦労されて調べられた
資料を、「出来上がったらぜひ紹介させてください!」と図々しくお願いしました。
また、改めてご紹介します。
写真は、地域マネージャー家の茶畑の横にあったものです。
今まで、何気に見ていました(^^ゞ

写真について
①所 在 地 : 水沢西町
②碑 刻 文 : 道路面  左 〇〇道 (西面)
右側面  右 菰野 服部泰次郎
③寸 法(cm): 高さ55×幅17×奥行15
※地区センターより北東へ500m程の、三方向
分岐点の手前の道路を、左へ入った茶畑の小屋の隅に立っている。西面の刻文読みとりにくい。