Category Archives: センター概要

紙ひこうき講座

紙飛行機の作り方って知ってますか?
簡単なものなら、作れるけど本格的な飛行機は作れない(><)

水沢地区市民センターの上田副館長が紙飛行機の達人で、ぜひみんなに作り方を知ってもらいたいと、講座を開きました。
子どもと大人が一緒に考えられる、とても有意義な時間でした。


Scan10003Scan10004

水沢地区市民センターより

DSC_0865

 

 

市民センターの玄関に手すりがつきました。
どうして今までなかったのでしょうね・・・

 

2階のトイレの改修工事が行われます。
今度は洋式が2箇所になります。
2月10日から工事に入ります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


 

 

 

水沢地区市民センター施設紹介

センターには事務所のほか、いろいろな部屋があり、水沢地区のサークルや、各種団体が利用されています。

センター事務所

窓口業務、公民館業務、地域振興業務をしています。

地域団体事務局

水沢地区連合自治会や水沢地区社協など各種団体の事務のサポートをしています。
水沢地区社協の備品管理や、車椅子の貸し出しもこちらで行っています。


 <地域の団体>

■ 水沢地区社会教育福祉推進協議会(各部会を含む)
通称:地区社協


■ 水沢地区連合自治会

■ まちづくり構想策定委員

 

水沢地区市民センターの各部屋の紹介

大会議室 収容人数 約80人

広いスペースの部屋で、太極拳やフラダンスなどのサークル活動、及び水沢地区の
各協議会、各種団体主催
行事や会議などに利用されています。

 

調理室  収容人数 24人

ヘルスメイトが「地産地消」・「元気」で長生き料理などの教室を開催したり、サークルが利用されています。

 

図書室収容人数 約20人  蔵書約2,500冊(事務所内も含む) 

・利用時間:水沢地区市民センターの窓口が開いている時間内
(利用できない日・・・土・日・祝祭日)・年末年始(12/29~1/3)

 ・図書の返却期限:2週間

・貸し出しできる冊数:1人5冊まで

※  なお、会議等で使用はできますが、図書室は原則開放になっていますので、図書利用の方には、開放をお願いします。

 和室(畳の部屋) 収容人数 約20人

  絵手紙、詩吟などのサークル活動、及び水沢地区の各協議会、各種団体の会議で利用されています。

 

 

 

 

 

 

 

水沢地区市民センター

センター概要
センターは、市の行政窓口としてだけではなく、地域の皆様が教えあったり、学びあったりし、互いの教養文化を高めあう社会教育の場であり、仲間づくりの場です。
1階:事務室(市民課地域窓口)・地域社会づくり窓口・和室
2階:調理実習室・図書室・会議室・団体事務局

業務紹介
戸籍、住民票に関する諸事務を中心に、国民健康保険や年金の登録手続き
身近な行政窓口として、本庁との連絡業務、自治会・各種地域団体との調節
センター利用の申し込み
図書の貸し出し
災害時の避難所・拠点としての役割

施設の申し込みと注意事項
電話や口頭で予約されても、申請書による本申込みがない場合は利用できません。
利用予定日の3か月前からの予約が可能です。
1.使用後は、戸締りをお願いします。
2.証明・冷暖房のスイッチをお切りください。
3.使用団体名と利用者数の記入をお忘れなく。
4.ゴミ等はお持ち帰りください。
5.使用時間は午後9時まで。厳守してください。

図書館だより
図書を購入した場合など、このコーナーで紹介していきます。