Category Archives: 水沢地区連合自治会

水沢地区の公共交通について

水沢地区の公共交通・・・
バスしかありません。
そのバスが減便されるかもと、言われてから1年以上。
地区では住民の意見を聞くためにアンケートをとったりと前向きに取り組んでいます。
アンケートの結果から実証実験などをして、水沢の乗車率なども確かめないといけません。
これからたくさんの課題を乗り越え対処をしないと、減便になり、いずれなくかるかもしれません。
危機感をみなさんでもち、食い止め、住みよい水沢にしていきたいです。

運動会の参加賞について

水沢町民運動会が雨で中止になり、残念でした。
楽しいでもらえるように、たくさん準備した参加賞や賞品。
水沢地区文化祭の舞台披露の時間の合間に抽選会を行いました。
参加賞はお菓子など賞味期限などがあい、どうしたものか・・・
と、考えていたところ、水沢本町の森田康久さんから「東北の被災地へ持っていったらどうか」
との提案がありました。
森田さんは「あすなろ応援便」という、ほぼ毎月1回支援物資を被災地に運んでいくボランティア団体で活躍しています。

水沢地区社協会長、連合自治会長、運動会実行委員長と相談のうえ、被災地のみなさんに喜んでいただこうということで、11月22日~24日の便に持っていっていただくようお願いしました。
文化祭のバザーで売れなかった物も同様にお願いしました。
今回行かれた仮設住宅は子どもが少ないとのことで、お菓子類で子供向けの物は次回にしていただくとのことです。

みなさん、とても喜んでいただいたそうです。
第31弾  038

第31弾  105第31弾  089第31弾  106

水沢地区 公共交通について

3月20日、水沢地区市民センターにおいて、水沢地区の公共交通についての説明会がありました。

説明会が開かれるにあたり、水沢の皆さんに、バスについてのアンケートを実施しました。

400以上の回収率で、水沢全戸の半分以上ですぅ。
皆さんが、しっかり考えていかなくてはならないとの思いでしょう。
説明会では「水沢地区の住民で考えていってください」と市役所都市計画課の説明。
市がどうこうしてくれるものではないようです。
地区からの思い、考えを聞いて支援していくというものらしいのです。

三重交通の路線減便についてのことではありません。

水沢地区の交通アクセスをしっかり考えていくことなんです。
高齢者から子どもまで、みんなが利用しやすい方法を考え、水沢地区としての住みよいまちづくりの第一歩なんです。
これから、いろんな情報をあげていきますので、みんなで協力しあいましょう!!

水沢地区連合自治会

水沢地区連合自治会は、地区住民の福祉推進と親睦および市制への民意に反映に努め、地区の発展に寄与していくことを目的として次の事業を行っています。

  • 各町おける自治会振興に関すること

  • 地区住民の相互扶助と親睦に関すること

  • 地区内の広報と公聴活動に関すること

  • 地区内各種団体との関連調整に関すること

  • その他、目的の達成および地区発展のための事業ならびに市制への協力に関すること

各地区の自治会長は毎月1回、水沢地区市民センターにて、会議を開催し、事業などについて話し合いをしています。

水沢地区には12の自治会があります。
〇宮妻町
〇谷 町
〇北谷町
〇三本松町
〇西條町
〇本 町
〇中谷町
〇東 町
〇四ツ谷町
〇横堀町
〇茶屋町
〇水沢野田町