Tag Archives: すいざわ

水沢の夏の大イベント 「水まつり」



毎年行われる、足見田神社での水まつり。
今年も「お諏訪おどり」の奉納があり、たくさんの人が観に来ていました。
今年は天候にも恵まれました。(昨年はすごい雨;;;)
地域の子どもたちや、お諏訪おどり保存会の皆さんが、毎晩練習をし頑張っていました。
伝統文化を守るため、受け継いでもらいたいものです。

アライグマ???

最近、水沢地区を騒がしている?有害獣の出没。
「アライグマの子どもたちがたくさんいるから、なんとかしてください!!」
 と、水沢地区市民センターに電話が入りました。
早速、出かけて行ったのですが、残念ながら見つけることができず、後日、向かったところ、かわいいお子ちゃまが・・・
しかし、よく見ると、しっぽにしましまがなく、もしやタヌキ?と・・・
タヌキはどうすることもできないのです。暖かく見守るしか(^_^;)
サルや、いのしし、しか、動物園ではかわいく観られるのですが、畑などを荒らしていかれるのは、歓迎できません。
でも、どうして人里まで降りてくるようになったのでしょうね。
人間界への警告?考えさせられる問題です。

「第1回郷土が誇る芸能大会」のDVD貸し出します。

平成24年1月14日四日市文化会館にて「第1回郷土が誇る芸能大会」が開催されました。
水沢地区から「お諏訪おどり」が披露されました。
各地区から、踊りや楽器、中にはちんどん屋さんも披露され、なかなかおもしろいですよ。
水沢地区市民センターにて貸し出しします。
※6月1日以降の貸し出しになります。
電話:329-2001

水沢小学校 学習園にて

水沢市民センター西側にある水沢小学校の学習園。
昨年茶の木が植えられました。
日頃、地域の方が草とりなどのお世話をしてみえます。

今日は水沢小学校の4年生に、肥料の置き方など、指導されていました。

肥料は、お菓子用のあんこを作った時に出る、かす・・・
子どもたちが直接触っても安心。
今にも口に入れそうな感じ。
お茶のお伴、和菓子の「こしあん」にしたんでしょうね。
どんなお菓子になったんだろう・・・?

内部川河川敷では桜が満開です。

市内と比べおよそ一週間遅れで水沢も桜の花が満開です。内部川左岸右岸ともにきれいです。

宮妻峡 ヒュッテ

宮妻峡では、、来場者のみなさんに楽しんでもらおうと、季節に応じて様々な工夫をしています。
5月の節句にはたくさんのこいのぼりを川の両岸から渡し、元気に泳ぐようにしていました。
風が強いので、外れて飛んでいく、こいもいましたが・・・

夏にはどんなことを考えて見えるのか???
また、取材にいってきます!!


 

 

花き園芸

水沢町は、パンジー、シクラメン、アジサイ、ベゴニアなどなど、花き栽培が盛んに行われています。
三重県内でも有数の産地です。

水沢地区社会教育福祉推進協議会

水沢地区社会教育福祉推協議会は、水沢地区における社会教育及び社会福祉の推進母体となり、地区ぐるみの振興をはかり、住民の幸せを高め、より明るい地域づくりを推進することを目的としています。

目指す地域の姿(目標)
『笑顔で語りかけ 心をつなぐ まちづくりの実践』


基 本 方 針


1.生活基盤・自然環境の保全と美化の推進
  • 花いっぱい運動等の推進
  • 豊な自然環境(景観)の保全と啓発活動の推進
  • 安心・安全なまちづくりに向けた環境づくり

2.社会教育・福活動の推進

  • お互いの尊重しあう人づくりの推進
  • 平和を願う(考える)町民の集いの推進
  • 世代間を越え、生き生き触れ合う活動の展開と推進

3.文化・健康活動の展開と地域の活性化の推進

  • 文化活動に集い、人間関係の広がり・充実を目指す楽しいまちづくりの推進
  • 健康(体育)活動に集い、住民の連帯意識・体力向上の推進
  • 広報誌の発行を通し、幅広い地域の活動に目を向けた活動の推進

4.青少年健全育成活動の推進

  • 郷土のよさの再確認と恵まれた自然環境に目を向けた活動の推進
  • 青少年問題等を考える 講演会の実施と実践
  • 地域ぐるみで子どもの安心・安全な生活(環境)確保に目を向けた活動の推進