Tag Archives: 公共交通、バス問題、コミュニティバス

公共交通について

DSC_0701水沢地区の公共交通問題。
電車の最寄駅は近鉄湯の山線桜駅。
車で15分はかかります。
それなのに、バスまで減ってしまうとどうなるでしょう。
免許を持っている人は特には気にならないでしょう。

今年の3月に宮妻口の減便という話がありました。
今のところは、市が話を保留にして下さいました。

そこで、だまっててはいけないということで、バスについて考えていこうと思う人たちが集まり情報交換をする会議が何度か開かれました。
11月15日は市の都市計画課都市グループの人に来ていただき、今後の水沢地区の交通について話し合いをしまた。

もう、行政に頼ってはいられないのかもしれません。
地域が一段となって考えていかなくてはいけない時期がきたのかもしれません。
誰かがなんとかしてくれるとの思いは考え直さないといけません。

みなさんの意見を聞かせてください。
suizawahp@gmail.com
 

水沢地区の交通事情

水沢地区の交通事情。
地区内の人も地区外の人も水沢地区の公共交通の実態を知っていただきたい。

宮妻峡が近く、自然がいっぱいの水沢町。
お茶の産地としては全国第三位。かぶせ茶は一番を誇っています。
そんな水沢町は面積は広いが人口は3000人あまり。
戸数も900戸をきっています。
そんな水沢町は電車は通っていません。
最寄の駅は近鉄湯ノ山線桜駅、だいたい車で15分。
バスは2時間に1~2本。最終は近鉄四日市駅までは17時ころで終わりです。
1本逃がすのだいぶ待たないと・・・
水沢町内の所用でも運転をされない人はバスを利用するほどの範囲の広さ。

コンビニも隣接した町にはありますが、町内としてはありません。

でも、地区外の人にも喜んでいただける施設や見所はたくさんあります。
夏には宮妻峡での川遊び、秋にはもみじ谷でのもみじ祭りetc.

しかし、アクセスを伝えようとしても公共交通には時間などの限界が・・・

水沢地区を盛り上げようとまちづくりに励んでいます。
なのに、公共交通が不便では困ります。コミュニティバスを求める声がよくあがります。

しかし、四日市市は市が運営することは考えていない?出来ない?しない?ようです。
そこをなんとかしないといけないのが地区住民なんです。

いろんな意見を求めます。

よろしくおねがいします。
水沢地区 メールアドレス  suizawahp@gmail.com

公共交通について

水沢地区の公共交通の問題。
三重交通が減便すると言う話が浮上し、水沢地区としても限界集落になっていくようなイメージが・・

平成25年3月20日には地域住民に説明会を開きました。アンケートも皆さんにご協力いただきました。

20091126122329f3f現在は地域の思いを行政が三重交通に伝えてもらい、今のところは減便は免れています。
でも、いつ減便されるかわかりません。


そこでバスについて、6月5日(水)水沢地区市民センターの和室で話し合いが行われました。まちづくり構想策定委員会の委員長を中心に30代~50代の立場によって違う考えを出し合いました。

園児から高校生のお子さんをお持ちの親御さん、ちょっと年配の方が集まっていろんな意見を出し合いました。


住民だけでなく、地域外の方にもたくさん利用してもらう方法、バスに載っている時に何かメリットがあるようにしたらどうかなどなど・・・

しかし、お金の問題もあります。
四日市市は地域もお金を出して運営をしていかないという課題もあります。
鈴鹿市や菰野町のように行政が全面的に運営していかないようなんです。

それもふまえて、これからどんどん意見を出して考えないといけません。

ルートのことを考えて水沢としてのニーズをうちだしていくのか?

お金をどこから出すかから考えていくの?

方法は手探り状態ですが、一番大事なのは、水沢地区住民が公共交通が必要だという熱意。
住民に発信していく方法も必要です。一部だけで考えると偏ってもいけません。

バスについて目を向けてもらうようにしていくことも考えています。口コミでもいいので、気になった方はいろんな人と情報交換してみてください。
水沢の将来のため、考えていきましょう。
次の話し合い開催予定は6月17日(月)です。意見がありましたら、suizawahp@gmail.comまでお願いします。